博報賞

過去の受賞者|第5回(1974年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
谷尻 ヒロ
視覚障害児の教育課程の作成、指導方法の改善、教材・教具の開発等、ひとりひとりの能力・特性に応じた多方面にわたる教育実践に成果を挙げている。また、教育課程研究集会や全日盲研大会等を通じて数多く発表された研究実績は高く評価される。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 富山県 個人 ---
会田 徳旺
盲学校に就任以来終始一貫、視覚障害者に科学研究の喜びを与えるべく理科教育の実践とその研究に努力を傾注した。特に、クラブ活動において寝食をともにしたその指導の成果には顕著なものがあり、盲学校における理科教育推進に寄与した。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 山形県 個人 ---
始閣精太郎
多年にわたり聾学校教育の現場において真摯に聴覚障害教育の研究と実践にとりくみ、また聾学校としては、困難な学校管理・経営に誠実に努力し、終始一貫不断の研究心と意欲的な実践によって聴覚障害教育の充実・振興に努力している。また、長年、文部省および東京都の各委員をつとめるなどのほか、最近は聴覚障害教育国際会議および全国聾教育研究大会を開催するに当っての運営とその推進に特に全国的立場から貢献している。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
吉田 亀雄
聴覚障害者の発音時における音韻明瞭度を高めるためのスピーチ・エードの開発を着想して研究成果をあげるとともに、これと関連してわが国聾学校における歯科技工科の創設を意図し、その実現に至るまでに多大の努力を傾注して今日の聾学校歯科技工科の礎を築いた。また、聾学校に多く在学する視機能減衰を随伴する聴覚障害児の実態を調査して、その対策を推進するなど、聴覚障害教育の開拓に貢献している。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
名古屋市立老松小学校
弱視学級の開設とともに弱視児の指導について全職員が一丸となってその指導に取り組み、心身障害児に対する適切な教育的配慮は全校に浸透し、「統合教育」において多大の成果をあげた。特に、教材・教具の作成と活用については示唆するところが大きい。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 愛知県 団体 ---
北海道札幌盲学校
盲学校における重複障害児教育の中でも特に困難度の高い盲聾二重障害児のコミュニケーションについて障害の改善と克服に関する実践とその研究、とりわけ記号操作を可能ならしめた指導方法の開発は高く評価される。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 北海道 個人 ---
東京都盲学校・養成施設就職指導協議会
社会に巣立つ生徒の進路の実態を調査し、関係機関との連絡を密にして進路の拡大や労働条件の改善を図るなど、長年にわたり進路指導の業績を挙げてきた。また、適切な進路指導のみならずアフターケアーにも努めている。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 東京都 団体 ---
長野県立長野聾学校
聴覚障害児の能力、特性に即する教育課程を編成し、適切な教育環境の整備に成果をあげている。特に、障害児の教育相談、早期発見と早期教育およびインテグレーションに関しては、着実な研究実践活動を続けている。また、教育機器の活用と個別化学習システムの開発、養護・訓練の指導等の研究と実践についても開拓的努力を行っている。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 長野県 団体 ---
山形県立山形聾学校
聴覚障害児の望ましい人間形成を目ざした進路指導のあり方について、過去において文部省実験学校として多くの実績をあげてきたが、最近においてはこの成果をふまえてさらに継続発展させ、教育課程全体を通して人間形成を培う指導を目標とした研究実践に意欲的にとりくみ着実な歩みを続けている。その成果は教科および養護・訓練等の学習指導法の改善に寄与するところが大きい。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 山形県 団体 ---
愛知県立名古屋聾学校・愛知県立愛知工業高等学校「連携教育研究会」
聾学校と工業高校との「連携教育」を計画的にくふう実施し、聾学校の生徒と一般高校の生徒間の交流を深め、共同学習を通じて学習効果を高めるとともに聴覚障害生徒の幅広い人間形成に役立たせている。その成果には聴覚障害教育における開拓的努力と先導的試行としての意義が大きい。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 団体 ---
飛田多喜雄
小・中・高・大学等の教師を歴任し、一貫性の上に立って終始国語教育の研究にしたがい、多くの著書・論文を発表して国語科各領域の指導理念を明らかにし、指導法の確立をはかった。なお、文部省の各種の委員会に参画して、わが国国語教育の発展に寄与した。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
八木橋雄次郎
戦前は外地にあって特に作文教育の研究にしたがい、戦後は民間にあって作文教育に関する研究団体を組織し、また、雑誌を刊行して、研究と普及に努力した。最近は全日本国語教育学会理事長として国語教育の発展に寄与している。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
大塩 卓
公立小学校教諭・大学付属小学校教諭として、真摯に国語教育の実践にしたがい、その間、特に作文および読むことの指導における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動に参与して、国語教育推進の指導的役割を果たしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 個人 ---
石井 庄司
東京女高師・東京高師・東京教育大学・東海大学にあってすぐれた多くの国語教育者を育成するとともに、国文学と国語教育との関連、国語科教育法、近代国語教育の研究等に多大の業績を挙げ、国語教育学の成立に寄与した。また、文部省教育課程審議会委員、同国語審議会委員、同視学委員として国語教育、国語文化の進展向上のためにつくした。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
松村伊佐武
公立小学校教諭、師範および大学付属小学校教諭、また公立小学校長として、長年にわたり国語教育の実践にしたがい、その間、国語科各領域における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動を組織化し、数多くの国語教師を育成して、国語教育推進の指導的役割を果たした。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
松山 市造
長年にわたり私立小学校において、国語教育の実践と研究にしたがい、その間、多くの著書・論文の発表を行い、国語教育進展に寄与した。特に、小学校の文法教育の研究と実践は、国語教育の基礎指導に大きな示唆を与えた。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
久保 太郎
長年にわたり小学校において、学級担任あるいは教頭、校長として、地道に国語教育の実践的研究にしたがい、実績を挙げた。その真摯な研究態度と識見は、おのずから同僚や後進に影響を及ぼして、地域国語教育の充実発展に貢献した。退職後も『福寿草の詩』ほかの作品によって国語教育者としての面目を発揮している。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人 ---
滑川 道夫
戦前・戦後を通じ、終始一貫国語教育・児童文化の研究にしたがい、各方面の分野にわたる多くの著書・論文を発表してそれら部門の新生面の開発に寄与した。また、文部省国語審議会委員、日本読書学会会長をつとめるなど、わが国言語文化の発展に貢献した。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
岡屋 昭雄
ながく、初等国語教育の実践的研究にしたがい、各領域にわたって注目すべき実績を挙げた。また、地域の研究誌を編集・刊行して、国語教育の向上につとめた。近来は奉職校において、研究主題の立案とその推進の中心的役割を果たしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
井上 敏夫
多年にわたり小学校教師養成の職に奉じ、その間、国語教育の理論を攻究し、多くの編著書・論文を世に問い、すぐれた国語教師を養成した。また、文部省学習指導要領国語科小学校編の編集に寄与し、あるいは埼玉国語の会の指導者として地域の国語教育の向上をはかるなど、国語教育の発展につくした。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
北松浦郡宇久町立宇久小学校
離島という言語環境の不利な面を克服しつつ国語能力の向上を目ざし、校長以下全職員が一致協力して実践研究に取り組み、多大の成果を収めたことは、県内国語教育の推進に寄与するところが大きい。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 長崎県 団体 ---
幡多郡佐賀町立伊与喜小学校
長年にわたって地域との固い連携を図りながら読書指導を推進し、合わせて国語科読書指導の方法を研究してきた成果は国語教育界の先駆的、指導的役割を果たすものとして高く評価されている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
仙台市立荒町小学校
全校をあげての長期にわたる実践と研究は、読解・作文の指導をはじめとして、教育機器活用による国語教育の面においても多大の成果を収め、国語教育の推進に寄与するところが大きい。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
上川郡当麻町立宇園別小学校
国語教育の効率的な指導法の開発を目ざし、全校的体制のなかで長期にわたって研究を継続してきたが、なかでも「書写指導の現代化」の研究成果は全道的に影響するところが大きい。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 北海道 団体 ---
山形市立第四小学校
ひとりひとりの確かな言語活動の育成を図ることを基本に、「正しく豊かに読む国語の学習指導」を研究し、その実践活動を通して、県国語教育界で指導的役割を果たしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
岐阜国語実践者の会
県下における国語教育実践者を結集し、その実践と研究の場を提供するとともに、その成果を集録して発表する等、県内国語教育の発展に寄与するのみならず、他県の国語教育の推進にも影響するところが大きい。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
塩谷郡塩原町立塩原小学校
全校をあげて読解の学習指導法に取り組み、その独自な研究成果は、思考と創造を高める国語指導のあり方を前進させたものとして高く評価されている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 栃木県 団体 ---
愛媛国語研究会 文部科学大臣賞
昭和24年発足以来、一貫して不偏不党の立場から国語教育の実践研究を標榜し、県内における国語教育の普及発達を図ってきたが、長年にわたるその実績は、県内のみならず、全国の国語教育界に多大の影響を及ぼしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 愛媛県 団体 ---
八束郡八雲村立八雲小学校
個に徹する学習指導を目ざし、全校をあげて作文能力の育成に努力してきた実績は、児童の作文能力の向上のみならず、八雲教育の名のもとに教育全般に多大の成果をあげている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 島根県 団体 ---
江南市立藤里小学校
作文指導・読解指導などの分野において、言語技能の効果的な指導の立場から教材の作成と研究に努力し、その成果が高く評価されている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
谷尻 ヒロ
視覚障害児の教育課程の作成、指導方法の改善、教材・教具の開発等、ひとりひとりの能力・特性に応じた多方面にわたる教育実践に成果を挙げている。また、教育課程研究集会や全日盲研大会等を通じて数多く発表された研究実績は高く評価される。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
会田 徳旺
盲学校に就任以来終始一貫、視覚障害者に科学研究の喜びを与えるべく理科教育の実践とその研究に努力を傾注した。特に、クラブ活動において寝食をともにしたその指導の成果には顕著なものがあり、盲学校における理科教育推進に寄与した。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
始閣精太郎
多年にわたり聾学校教育の現場において真摯に聴覚障害教育の研究と実践にとりくみ、また聾学校としては、困難な学校管理・経営に誠実に努力し、終始一貫不断の研究心と意欲的な実践によって聴覚障害教育の充実・振興に努力している。また、長年、文部省および東京都の各委員をつとめるなどのほか、最近は聴覚障害教育国際会議および全国聾教育研究大会を開催するに当っての運営とその推進に特に全国的立場から貢献している。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
吉田 亀雄
聴覚障害者の発音時における音韻明瞭度を高めるためのスピーチ・エードの開発を着想して研究成果をあげるとともに、これと関連してわが国聾学校における歯科技工科の創設を意図し、その実現に至るまでに多大の努力を傾注して今日の聾学校歯科技工科の礎を築いた。また、聾学校に多く在学する視機能減衰を随伴する聴覚障害児の実態を調査して、その対策を推進するなど、聴覚障害教育の開拓に貢献している。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
名古屋市立老松小学校
弱視学級の開設とともに弱視児の指導について全職員が一丸となってその指導に取り組み、心身障害児に対する適切な教育的配慮は全校に浸透し、「統合教育」において多大の成果をあげた。特に、教材・教具の作成と活用については示唆するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北海道札幌盲学校
盲学校における重複障害児教育の中でも特に困難度の高い盲聾二重障害児のコミュニケーションについて障害の改善と克服に関する実践とその研究、とりわけ記号操作を可能ならしめた指導方法の開発は高く評価される。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地北海道
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東京都盲学校・養成施設就職指導協議会
社会に巣立つ生徒の進路の実態を調査し、関係機関との連絡を密にして進路の拡大や労働条件の改善を図るなど、長年にわたり進路指導の業績を挙げてきた。また、適切な進路指導のみならずアフターケアーにも努めている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長野県立長野聾学校
聴覚障害児の能力、特性に即する教育課程を編成し、適切な教育環境の整備に成果をあげている。特に、障害児の教育相談、早期発見と早期教育およびインテグレーションに関しては、着実な研究実践活動を続けている。また、教育機器の活用と個別化学習システムの開発、養護・訓練の指導等の研究と実践についても開拓的努力を行っている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山形県立山形聾学校
聴覚障害児の望ましい人間形成を目ざした進路指導のあり方について、過去において文部省実験学校として多くの実績をあげてきたが、最近においてはこの成果をふまえてさらに継続発展させ、教育課程全体を通して人間形成を培う指導を目標とした研究実践に意欲的にとりくみ着実な歩みを続けている。その成果は教科および養護・訓練等の学習指導法の改善に寄与するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛知県立名古屋聾学校・愛知県立愛知工業高等学校「連携教育研究会」
聾学校と工業高校との「連携教育」を計画的にくふう実施し、聾学校の生徒と一般高校の生徒間の交流を深め、共同学習を通じて学習効果を高めるとともに聴覚障害生徒の幅広い人間形成に役立たせている。その成果には聴覚障害教育における開拓的努力と先導的試行としての意義が大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
飛田多喜雄
小・中・高・大学等の教師を歴任し、一貫性の上に立って終始国語教育の研究にしたがい、多くの著書・論文を発表して国語科各領域の指導理念を明らかにし、指導法の確立をはかった。なお、文部省の各種の委員会に参画して、わが国国語教育の発展に寄与した。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
八木橋雄次郎
戦前は外地にあって特に作文教育の研究にしたがい、戦後は民間にあって作文教育に関する研究団体を組織し、また、雑誌を刊行して、研究と普及に努力した。最近は全日本国語教育学会理事長として国語教育の発展に寄与している。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大塩 卓
公立小学校教諭・大学付属小学校教諭として、真摯に国語教育の実践にしたがい、その間、特に作文および読むことの指導における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動に参与して、国語教育推進の指導的役割を果たしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
石井 庄司
東京女高師・東京高師・東京教育大学・東海大学にあってすぐれた多くの国語教育者を育成するとともに、国文学と国語教育との関連、国語科教育法、近代国語教育の研究等に多大の業績を挙げ、国語教育学の成立に寄与した。また、文部省教育課程審議会委員、同国語審議会委員、同視学委員として国語教育、国語文化の進展向上のためにつくした。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松村伊佐武
公立小学校教諭、師範および大学付属小学校教諭、また公立小学校長として、長年にわたり国語教育の実践にしたがい、その間、国語科各領域における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動を組織化し、数多くの国語教師を育成して、国語教育推進の指導的役割を果たした。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松山 市造
長年にわたり私立小学校において、国語教育の実践と研究にしたがい、その間、多くの著書・論文の発表を行い、国語教育進展に寄与した。特に、小学校の文法教育の研究と実践は、国語教育の基礎指導に大きな示唆を与えた。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
久保 太郎
長年にわたり小学校において、学級担任あるいは教頭、校長として、地道に国語教育の実践的研究にしたがい、実績を挙げた。その真摯な研究態度と識見は、おのずから同僚や後進に影響を及ぼして、地域国語教育の充実発展に貢献した。退職後も『福寿草の詩』ほかの作品によって国語教育者としての面目を発揮している。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
滑川 道夫
戦前・戦後を通じ、終始一貫国語教育・児童文化の研究にしたがい、各方面の分野にわたる多くの著書・論文を発表してそれら部門の新生面の開発に寄与した。また、文部省国語審議会委員、日本読書学会会長をつとめるなど、わが国言語文化の発展に貢献した。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡屋 昭雄
ながく、初等国語教育の実践的研究にしたがい、各領域にわたって注目すべき実績を挙げた。また、地域の研究誌を編集・刊行して、国語教育の向上につとめた。近来は奉職校において、研究主題の立案とその推進の中心的役割を果たしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
井上 敏夫
多年にわたり小学校教師養成の職に奉じ、その間、国語教育の理論を攻究し、多くの編著書・論文を世に問い、すぐれた国語教師を養成した。また、文部省学習指導要領国語科小学校編の編集に寄与し、あるいは埼玉国語の会の指導者として地域の国語教育の向上をはかるなど、国語教育の発展につくした。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北松浦郡宇久町立宇久小学校
離島という言語環境の不利な面を克服しつつ国語能力の向上を目ざし、校長以下全職員が一致協力して実践研究に取り組み、多大の成果を収めたことは、県内国語教育の推進に寄与するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
幡多郡佐賀町立伊与喜小学校
長年にわたって地域との固い連携を図りながら読書指導を推進し、合わせて国語科読書指導の方法を研究してきた成果は国語教育界の先駆的、指導的役割を果たすものとして高く評価されている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
仙台市立荒町小学校
全校をあげての長期にわたる実践と研究は、読解・作文の指導をはじめとして、教育機器活用による国語教育の面においても多大の成果を収め、国語教育の推進に寄与するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上川郡当麻町立宇園別小学校
国語教育の効率的な指導法の開発を目ざし、全校的体制のなかで長期にわたって研究を継続してきたが、なかでも「書写指導の現代化」の研究成果は全道的に影響するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山形市立第四小学校
ひとりひとりの確かな言語活動の育成を図ることを基本に、「正しく豊かに読む国語の学習指導」を研究し、その実践活動を通して、県国語教育界で指導的役割を果たしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜国語実践者の会
県下における国語教育実践者を結集し、その実践と研究の場を提供するとともに、その成果を集録して発表する等、県内国語教育の発展に寄与するのみならず、他県の国語教育の推進にも影響するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
塩谷郡塩原町立塩原小学校
全校をあげて読解の学習指導法に取り組み、その独自な研究成果は、思考と創造を高める国語指導のあり方を前進させたものとして高く評価されている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛媛国語研究会 文部科学大臣賞
昭和24年発足以来、一貫して不偏不党の立場から国語教育の実践研究を標榜し、県内における国語教育の普及発達を図ってきたが、長年にわたるその実績は、県内のみならず、全国の国語教育界に多大の影響を及ぼしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛媛県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
八束郡八雲村立八雲小学校
個に徹する学習指導を目ざし、全校をあげて作文能力の育成に努力してきた実績は、児童の作文能力の向上のみならず、八雲教育の名のもとに教育全般に多大の成果をあげている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地島根県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
江南市立藤里小学校
作文指導・読解指導などの分野において、言語技能の効果的な指導の立場から教材の作成と研究に努力し、その成果が高く評価されている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体