博報賞

活動タイトル

失明による自己の障害を克服し、新領域「養護・訓練」の内容、方法について多大の貢献をしている。また、点字の表記についても、実践的な立場から理論的な集大成を図り、多大の業績をあげている。

木塚 泰弘