博報賞

活動タイトル

近代日本の児童劇の創始者として、児童劇およそ五百有余編(斎田喬自選学校劇全集六巻ほか)を制作するとともに、長く日本演劇協会会長をつとめて、日本の児童劇の振興に努力した。また、あたらしく『思い出の泣きぼくろ』を著わして、少年少女の生活を美しく表現した。

斎田 喬