博報賞

過去の受賞者|第3回(1972年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
石黒 晶
長年にわたりわが国聾教育における口話法の樹立につとめ発語・発音指導法、読話指導法など、すぐれた研究方法を開拓して、わが国聴覚障害教育の発展に多大の貢献をしている。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 石川県 個人 ---
尾関 育三
失明による障害を克服し、点字の自動化に関する研究および数学教育に関する研究について卓抜な業績をあげている。また、教え子を各大学の理数学部に入学させるなど、進学指導にも貢献している。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 埼玉県 個人 ---
水口 浚
盲と精薄の重複障害児教育に関する理論と実際にわたる研究にとりくんでいる。特に指導過程に、自作教材・教具等のくふうなど、新しい教育の成果をあげている。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 東京都 個人 ---
吉川 正五
障害児と正常児との接触・共学の必要を早くから提唱し、難聴児を幼稚園に迎えて、手厚い指導を行なっている。特に小学校教育との連係を図り、幼児から児童にいたる学習状況の追跡調査、生活指導のあり方などの研究にとりくみ、新しい分野を開拓している。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
東京都立盲学校感覚訓練教育研究会
障害克服にとってきわめてたいせつな分野である感覚訓練指導のあり方を、指導段階のきめ細かな計画によって追求した。特に、養護・訓練に関する研究は、全国の具体的な指導のよりどころとして期待されている。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 東京都 団体 ---
静岡県立静岡盲学校
小学校と中学校との提携協力による視覚障害教育のあり方について具体的な研究を行ない、視覚障害教育に多大の成果をあげると共に、視覚障害教育の今後の新しい方法の建設に寄与している。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 静岡県 団体 ---
広島県立盲学校
盲学校における重複障害教育、特に盲精薄児の管理運営および教育内容・方法に関するあり方を具体的に開拓した。その成果は、将来の視覚障害教育に寄与するところが大きい。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 広島県 団体 ---
福山市難聴児母子教室 文部科学大臣賞
昭和40年、多くの困難をのりこえて、難聴児母子教室を創設し、わが国聴覚障害教育の乳幼児早期教育について、先駆的な役割りを果した。特に、教育と医学の提携協力の下に母子教室を開設して、クリニック・センター活動を推進し、小学校とのインテグレーションについて新しい方向を開拓した。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 広島県 団体 ---
静岡県立静岡聾学校
聴覚障害幼児・児童の能力・特性に即する適切な教育課程を建設し、教育環境の整備について不断の努力を続けている。特に障害児の能力開発、教育相談、就学指導など、社会啓蒙に関する活発な活動を行なっている。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 静岡県 団体 ---
言語・聴能教育実践研究会
学校教育の現場における実践活動を中心に、言語・聴能教育の着実な研究にとりくみ、共同研究、研修会の実施など、多面的な成果をあげている。特に教育課程に関する共同研究、養護・訓練における事例研究などの新しい体系を開拓しつつある。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体 ---
野中 幸夫
読解技能に関する実践的研究をとおして、科学的な国語科学習法の建設をめざし、多くの業績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 山梨県 個人 ---
望月 久貴
国語・国語科教育の研究につとめ、小・中・高・大学を一貫する国語教育の建設に貢献している。また、大学付属小学校長としての実地の経験(昭和41年~昭和47年)に基づき、あらたに「国語科読書指導の理論」を発表した。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 北海道 個人 ---
飛田 隆
国語教育における垣内学説を継承発展させ、内外の言語・哲学・教育の歴史的研究を背景として、精密な国語教育理論の建設につとめている。また、各種の国語教育研究会に所属して、年毎に新たな国語教育の実践問題を設定し、小学校をはじめとする国語教育の興隆に努めている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 神奈川県 個人 ---
柏木 勇夫
地域の国語教育実践上の推進者として努力し、特に最近の10年間は、継続して低学年を担当しつつ、その実践の中に絶えず意欲的なくふうをこらし、低学年の国語科指導法に多くの業績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
谷澤 隆一
児童の言語能力の発達に関する実証的研究に基づいて国語科学習指導の改善をはかり、地域の国語教育研究推進の中心として実績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
谷口 廣保
作文・読解指導を中心として広く国語科指導法の研究を継続して多大の成果をあげ、地域における中心的指導者として国語教育の振興に尽くした。また、小学校長在職中は月2回学校通信を自ら編集・印刷し学校家庭との緊密な結びつきに努力した。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
佐野 哲也
主体性を育てる国語科教育法の建設に努め、児童の実態に即したひとりひとりの言語能力の開発をめざしている。また、地域の国語教育の中心的存在として活躍している。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
吉田 瑞穂
長年にわたり児童詩教育の開拓とその普及について、すぐれた実績をあげ、広く児童文化の振興に尽すとともに、戦前・戦後を通じて、実践的及び指導的立場から小学校国語教育の進歩改善のために貢献している。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
函館市立柏野小学校
永年にわたり主体的学習の研究をしてきたが、過去3ヶ年間は特に文部省の研究指定校として国語教育における作文教育の成果が顕著である。ことに学校長を中心とした全校協力体制は精力的に実践研究を推進させ、共同研究のあり方の模範であるとともに、研究主題である「作文指導過程における文・文章の組みたての指導」に対する研究結果は、わが国の国語教育の推進に寄与している。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 北海道 団体 ---
盛岡市立城南小学校
国語教育の向上を目ざして教職員全員が力を合せて国語教育の理論研究と授業実践に取り組み、広く県下の国語教育の振興に大きな貢献をしてきた。とくに昭和45年度からは「創造的能力を育てる国語科学習指導-物語教材における創造的読みをめざして-」の主題による理論と実践の研究成果が顕著である。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 団体 ---
成城学園初等学校国語文学研究部
永年にわたる国語教育の継続研究は、私立学校国語研究推進の中核となっており、その意欲的な研究の成果も著しい。また、その先駆的な業績は広く日本の初等教育における国語科・文学指導に大きな影響を及ぼしている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
松山市立久枝小学校
松山市における代表的研究校として従来から多くの実績をあげてきたが、最近においては過去2ヶ年間にわたって愛媛県教育委員会の国語研究指定校として作文教育に取り組み、書くことの教育を通して児童の人間形成を培うとともに、国語科学習指導の改善研究に著しく寄与している。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 愛媛県 団体 ---
小林市立小林小学校
大規模校という組織の特色を生かし、全職員一体となって常に共同研究をなし、その成果は県下の小学校教育に稗益することきわめて大きい。特に昭和43年度以降における国語科指導の継続研究は、読解の指導と児童の学習活動に顕著な実績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 宮崎県 団体 ---
志田郡三本木町立三本木小学校
国語教育との関連を中心とした「学習効果を高めるための学校図書館の整備と活用についての研究」は、国語科指導と学校図書館教育との関連を明かにし、その研究成果は全国の小学校における教育課程のうえに貢献するところが著しい。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
高石市立羽衣小学校
過去2ヶ年間にわたり、大阪府教育委員会の研究指定校として「読解の指導と読書の指導の結びつきを求めて」という主題を掲げて校長を中心に全職員が協力して研究実践を積みあげ、児童の読書力を向上させるとともに、国語科における読書の指導の実践研究の成果が著しい。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
香川県国語教育研究会 文部科学大臣賞
自主的研究団体として、結成以来20数年間にわたって意欲的な研究実践を継続し、わが国の国語教育の推進、向上に果した役割は大きい。ことに国語科学習指導要領に沿いつつも、国語科学習指導全般にわたる先導的な各種の試みは国語教育の当面するいくつかの問題の解決に寄与するところが著しく、県下のみならず西日本全域にわたる国語科指導の実践向上に貢献している。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 香川県 団体 ---
阪本 一郎
心理学的見地から言語・言語活動・読書指導・教育基本語いなどの研究を行ない、また、長く日本読書学会会長をつとめて、児童の人間形成の立場からその研究業績は国内のみならず国際的にも顕著な功績をあげた。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
斎田 喬
近代日本の児童劇の創始者として、児童劇およそ五百有余編(斎田喬自選学校劇全集六巻ほか)を制作するとともに、長く日本演劇協会会長をつとめて、日本の児童劇の振興に努力した。また、あたらしく『思い出の泣きぼくろ』を著わして、少年少女の生活を美しく表現した。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
富良野市立西達布小学校
「過疎をのりこえるたくましい子どもの育成」をめざし、全校的な実践体制のなかで精力的に研究を進めている。とくに児童の言語活動を重視し創造的で豊かな作文能力の育成を研究の柱として実践し、その成果が著しく、地域全般に対する影響が大きい。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 北海道 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
石黒 晶
長年にわたりわが国聾教育における口話法の樹立につとめ発語・発音指導法、読話指導法など、すぐれた研究方法を開拓して、わが国聴覚障害教育の発展に多大の貢献をしている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
尾関 育三
失明による障害を克服し、点字の自動化に関する研究および数学教育に関する研究について卓抜な業績をあげている。また、教え子を各大学の理数学部に入学させるなど、進学指導にも貢献している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
水口 浚
盲と精薄の重複障害児教育に関する理論と実際にわたる研究にとりくんでいる。特に指導過程に、自作教材・教具等のくふうなど、新しい教育の成果をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
吉川 正五
障害児と正常児との接触・共学の必要を早くから提唱し、難聴児を幼稚園に迎えて、手厚い指導を行なっている。特に小学校教育との連係を図り、幼児から児童にいたる学習状況の追跡調査、生活指導のあり方などの研究にとりくみ、新しい分野を開拓している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東京都立盲学校感覚訓練教育研究会
障害克服にとってきわめてたいせつな分野である感覚訓練指導のあり方を、指導段階のきめ細かな計画によって追求した。特に、養護・訓練に関する研究は、全国の具体的な指導のよりどころとして期待されている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
静岡県立静岡盲学校
小学校と中学校との提携協力による視覚障害教育のあり方について具体的な研究を行ない、視覚障害教育に多大の成果をあげると共に、視覚障害教育の今後の新しい方法の建設に寄与している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
広島県立盲学校
盲学校における重複障害教育、特に盲精薄児の管理運営および教育内容・方法に関するあり方を具体的に開拓した。その成果は、将来の視覚障害教育に寄与するところが大きい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福山市難聴児母子教室 文部科学大臣賞
昭和40年、多くの困難をのりこえて、難聴児母子教室を創設し、わが国聴覚障害教育の乳幼児早期教育について、先駆的な役割りを果した。特に、教育と医学の提携協力の下に母子教室を開設して、クリニック・センター活動を推進し、小学校とのインテグレーションについて新しい方向を開拓した。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
静岡県立静岡聾学校
聴覚障害幼児・児童の能力・特性に即する適切な教育課程を建設し、教育環境の整備について不断の努力を続けている。特に障害児の能力開発、教育相談、就学指導など、社会啓蒙に関する活発な活動を行なっている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
言語・聴能教育実践研究会
学校教育の現場における実践活動を中心に、言語・聴能教育の着実な研究にとりくみ、共同研究、研修会の実施など、多面的な成果をあげている。特に教育課程に関する共同研究、養護・訓練における事例研究などの新しい体系を開拓しつつある。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
野中 幸夫
読解技能に関する実践的研究をとおして、科学的な国語科学習法の建設をめざし、多くの業績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
望月 久貴
国語・国語科教育の研究につとめ、小・中・高・大学を一貫する国語教育の建設に貢献している。また、大学付属小学校長としての実地の経験(昭和41年~昭和47年)に基づき、あらたに「国語科読書指導の理論」を発表した。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地北海道
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
飛田 隆
国語教育における垣内学説を継承発展させ、内外の言語・哲学・教育の歴史的研究を背景として、精密な国語教育理論の建設につとめている。また、各種の国語教育研究会に所属して、年毎に新たな国語教育の実践問題を設定し、小学校をはじめとする国語教育の興隆に努めている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地神奈川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
柏木 勇夫
地域の国語教育実践上の推進者として努力し、特に最近の10年間は、継続して低学年を担当しつつ、その実践の中に絶えず意欲的なくふうをこらし、低学年の国語科指導法に多くの業績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
谷澤 隆一
児童の言語能力の発達に関する実証的研究に基づいて国語科学習指導の改善をはかり、地域の国語教育研究推進の中心として実績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
谷口 廣保
作文・読解指導を中心として広く国語科指導法の研究を継続して多大の成果をあげ、地域における中心的指導者として国語教育の振興に尽くした。また、小学校長在職中は月2回学校通信を自ら編集・印刷し学校家庭との緊密な結びつきに努力した。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
佐野 哲也
主体性を育てる国語科教育法の建設に努め、児童の実態に即したひとりひとりの言語能力の開発をめざしている。また、地域の国語教育の中心的存在として活躍している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
吉田 瑞穂
長年にわたり児童詩教育の開拓とその普及について、すぐれた実績をあげ、広く児童文化の振興に尽すとともに、戦前・戦後を通じて、実践的及び指導的立場から小学校国語教育の進歩改善のために貢献している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
函館市立柏野小学校
永年にわたり主体的学習の研究をしてきたが、過去3ヶ年間は特に文部省の研究指定校として国語教育における作文教育の成果が顕著である。ことに学校長を中心とした全校協力体制は精力的に実践研究を推進させ、共同研究のあり方の模範であるとともに、研究主題である「作文指導過程における文・文章の組みたての指導」に対する研究結果は、わが国の国語教育の推進に寄与している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立城南小学校
国語教育の向上を目ざして教職員全員が力を合せて国語教育の理論研究と授業実践に取り組み、広く県下の国語教育の振興に大きな貢献をしてきた。とくに昭和45年度からは「創造的能力を育てる国語科学習指導-物語教材における創造的読みをめざして-」の主題による理論と実践の研究成果が顕著である。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
成城学園初等学校国語文学研究部
永年にわたる国語教育の継続研究は、私立学校国語研究推進の中核となっており、その意欲的な研究の成果も著しい。また、その先駆的な業績は広く日本の初等教育における国語科・文学指導に大きな影響を及ぼしている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松山市立久枝小学校
松山市における代表的研究校として従来から多くの実績をあげてきたが、最近においては過去2ヶ年間にわたって愛媛県教育委員会の国語研究指定校として作文教育に取り組み、書くことの教育を通して児童の人間形成を培うとともに、国語科学習指導の改善研究に著しく寄与している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛媛県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小林市立小林小学校
大規模校という組織の特色を生かし、全職員一体となって常に共同研究をなし、その成果は県下の小学校教育に稗益することきわめて大きい。特に昭和43年度以降における国語科指導の継続研究は、読解の指導と児童の学習活動に顕著な実績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
志田郡三本木町立三本木小学校
国語教育との関連を中心とした「学習効果を高めるための学校図書館の整備と活用についての研究」は、国語科指導と学校図書館教育との関連を明かにし、その研究成果は全国の小学校における教育課程のうえに貢献するところが著しい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高石市立羽衣小学校
過去2ヶ年間にわたり、大阪府教育委員会の研究指定校として「読解の指導と読書の指導の結びつきを求めて」という主題を掲げて校長を中心に全職員が協力して研究実践を積みあげ、児童の読書力を向上させるとともに、国語科における読書の指導の実践研究の成果が著しい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
香川県国語教育研究会 文部科学大臣賞
自主的研究団体として、結成以来20数年間にわたって意欲的な研究実践を継続し、わが国の国語教育の推進、向上に果した役割は大きい。ことに国語科学習指導要領に沿いつつも、国語科学習指導全般にわたる先導的な各種の試みは国語教育の当面するいくつかの問題の解決に寄与するところが著しく、県下のみならず西日本全域にわたる国語科指導の実践向上に貢献している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地香川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
阪本 一郎
心理学的見地から言語・言語活動・読書指導・教育基本語いなどの研究を行ない、また、長く日本読書学会会長をつとめて、児童の人間形成の立場からその研究業績は国内のみならず国際的にも顕著な功績をあげた。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
斎田 喬
近代日本の児童劇の創始者として、児童劇およそ五百有余編(斎田喬自選学校劇全集六巻ほか)を制作するとともに、長く日本演劇協会会長をつとめて、日本の児童劇の振興に努力した。また、あたらしく『思い出の泣きぼくろ』を著わして、少年少女の生活を美しく表現した。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
富良野市立西達布小学校
「過疎をのりこえるたくましい子どもの育成」をめざし、全校的な実践体制のなかで精力的に研究を進めている。とくに児童の言語活動を重視し創造的で豊かな作文能力の育成を研究の柱として実践し、その成果が著しく、地域全般に対する影響が大きい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地北海道
団体/個人団体

関連情報