博報賞

活動タイトル

教育諸条件の整備について、学校教育および社会教育の研究に力を注ぎ、すぐれた業績をあげている。とくに、わが国聾学校幼稚部の学級編成のあり方等についての基礎調査研究ならびに京都府立聾学校幼稚部の教育の向上について、幼稚部主事を始めとする全職員一丸となった共同研究の体制等氏の適切なる指導管理と識見によるところ大である。京都府立聾学校幼稚部の教育は、二歳児を始めとする幼児の言語指導に異色のある研究が行なわれ、その成果が実証されつつある。とくに、言語入門期のプログラム、言語指導用スライドの作成等の研究はわが国聴覚障

船越 満二