博報賞

過去の受賞者|第2回(1971年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
中野 幸子
大阪市立盲学校に幼稚部創設以来、幼稚部主事として盲幼児教育の研究に尽力し、とくにわが国で未開拓であった一般幼児と視覚障害幼児との統合教育に新生面を拓き顕著な成果をおさめた。一、昭和43、44年文部省特殊教育実験学校研究主任。二、幼児の社会性指導の教育課程を作成。三、盲幼児教育実践記録フィルムの製作。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
大山 陽子
小・中学校における弱視児童・生徒の能力開発に努め数々の研究成果を発表して、わが国弱視教育の発展に寄与した。とくに小・中学校における弱視学級の経営に関し、実践を通じて、弱視学級担任者の育成啓蒙に貢献した。一、文部省の実験学校報告書。一、日本弱視教育研究会誌等の発展報告。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 東京都 個人 ---
林 次一
聴覚障害児教育一筋に30年、聾児の言語指導法の研究に専心し、実績をあげてきた。昭和31年以来、新潟県立長岡聾学校と提携協力し、新潟大学との共同研究「聾児の特異性の研究」を推進した。この成果は、大学の教育、心理、医学の分野と学校現場の教育実践との総合研究になるものであり、わが国でも高く評価されたが、その推進のかなめとして、同氏の学校現場における采配と指導、協力があずかって大なるものがあった。また、学校における言語指導の副教科書の編集、聴能教育の改善充実等に努力し、全日本聾教育研究会副会長、全国聾学校長会副会
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 新潟県 個人 ---
船越 満二
教育諸条件の整備について、学校教育および社会教育の研究に力を注ぎ、すぐれた業績をあげている。とくに、わが国聾学校幼稚部の学級編成のあり方等についての基礎調査研究ならびに京都府立聾学校幼稚部の教育の向上について、幼稚部主事を始めとする全職員一丸となった共同研究の体制等氏の適切なる指導管理と識見によるところ大である。京都府立聾学校幼稚部の教育は、二歳児を始めとする幼児の言語指導に異色のある研究が行なわれ、その成果が実証されつつある。とくに、言語入門期のプログラム、言語指導用スライドの作成等の研究はわが国聴覚障
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 京都府 個人 ---
日本点字委員会
これまで、全国的に統一のなかった日本点字の表記法の困難な研究に、長年にわたってとりくみ、点字表記の体系化と統一化を図って、盲人文化の向上に寄与した。とくに日本点字法規、日本点字表記法(現代語編)の作成は、広く教科書および点字図書の編集にも役立っており、貢献するところ多大である。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 東京都 団体 ---
東京教育大学教育学部附属理療科教員養成施設 文部科学大臣賞
わが国の視覚障害者の伝統的な職業としての東洋医学領域における物理療法を現代医学における実験方法により新たに体系化し、リハビリテーション医療の一分野に発展させた。また治療技術の近代化を推進し、従来の経験による伝統手技をエレクトロニクスの技術を導入して科学化し、視覚障害リハビリテーションの面に新しい分野を開拓しつつある。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 東京都 団体 ---
社会福祉法人日本ライトハウス
わが国盲人文化の向上と教育・福祉に関する研究と普及につとめ、とくに点字教科書の改良、盲人の職業開拓、中途失明者の社会的自立に貢献している。また、アジアの盲人教育・福祉についても尽力している。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 大阪府 団体 ---
北海道聾教育研究協議会
北海道9校の聾学校により組織されている「北海道聾教育研究協議会」は、研究に当る人的組織、研究内容ともに、よくまとまっており、研究業績は卓抜している。毎年、定期の集会、会報の発行等何れも内容がすぐれていて、わが国聴覚障害教育の推進によい影響を与えている。とくに社会啓蒙の面では、札幌聾学校サッカー部は、道内中学校選抜大会に数回に互り優勝し、正常者に伍して障害者の障害克服の姿を如実に示し、社会の認識をあらたにした。一、北ろう研会報、教育課程の研究等。一、道内中学校サッカー選抜大会優勝等。
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 北海道 団体 ---
全沖縄風疹聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
昭和40、41年に沖縄に流行した風疹により400名近い聴覚障害児が出生し、これを救済するため、昭和43年より巡回指導教師、風疹児学級担任教師、聾学校幼稚部風疹児担当教師等により、また関係者の熱意と協力により、風疹障害児のための教育と指導が続けられ今日にいたっている。風疹児の早期幼児教育は、特殊教育の未開拓分野であるうえ、教育諸条件には困難な多くの問題があったのにもかかわらず、献身的な努力が続けられ、とくに全沖縄風疹聴覚障害児教育研究会が結成されて以来、迂余曲折を経ながらも、不断の教育研究にとりくみ、指導の
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 沖縄県 団体 ---
田中 久直
地域における児童の生活の実態に即したすぐれた国語教育指導法の建設に努めている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
川口 半平
長年にわたる教育の研究と実践にもとづき、すぐれた児童読みものを創作し、また作文指導を通して国語教育の発展に寄与した。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 個人 ---
秋月 重美
実践に基づく国語学習指導法のすぐれた新しい建設
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
桜井実枝子
児童の国語教育、とくに作文・書写指導のすぐれた研究と実践。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
高木 正一
文学、読書の指導を中心として広く国語の指導法を研究し、地域の国語教育の振興に尽くした。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 富山県 個人 ---
江部 満
内外にわたる教育関係書の出版によって社業を助け、わが国の国語教育の理論と実践の発展に寄与した。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
桑原 三郎
児童文学、国語教育に関するすぐれた歴史的研究とその発展的実践。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
芦沢 節
長年にわたり、児童・生徒の言語能力の発達および言語習得上の問題点など、国語教育における基本的な事項について実証的な調査研究を実施してきたすぐれた業績。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
東京絵本おはなし研究会
昭和32年以来雙葉小学校を中心に読み物研究会を結成し、学校図書館、国語科の中で文学教育の立場から、児童読み物の作品研究、良書選択、作品評価、資料の収集を継続してきたが、次第に私立小学校の他校、民間研究者、実践者が参加し昭和45年より東京おはなし絵本研究会と改名し幼稚園、学校、地域文庫、児童図書館に貢献するところが大きい。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
度会郡御薗村立御薗小学校
三重県指定研究校として国語科における読書指導の研究にとりくみ、学校図書館の整備と活用をはかり、学級・学校新聞の作成に成果をあげる等、学校長を中心に全職員が一致して成果をあげてきた。さらに最近では、児童の作文指導に熱意を持ち作文技能の向上に著しい成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 三重県 団体 ---
成蹊小学校
一、国語研究部の研究業績成蹊小学校の児童に即した国語カリキュラムの編成と学校文集の継続的編集発行による作文力の向上に努めている。二、国語研究部員の代表的著書佐藤茂「母への綴方」(時代社)、「作文指導の出発」(牧書店)ほか、清水晴男「明るい学級の建設」(米本苫店)、「生活学級の経営」(牧書店)ほか、堀内輝三「本を読む子の世界」(講談社)ほか、加藤達馬「小学学習国語辞典」共著(弘文書院)ほか、大西貢「香川の民話」(さ・え・ら書房)ほか、伊東良延「子ども放送局」共著(あかね書房)ほか、亀村五郎「日記指導」(百合
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
上越市立大町小学校
従来から地区における教育研究推進の中心校としての役割を果たしてきたが、とくに近年は全校体制の下に国語教育に関する研究主題にとりくみ、児童の作文力を高めてきた。最近では「文学における創造読みの指導」の研究に着手する等実践上の成果が著しい。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
光市立室積小学校
昭和38年度から国語力を中心とした人間形成を目指し、全校をあげて国語教育の研究にとりくんでいる。また、各年次とも「授業研究集録」を作成し、その資料の集積にもとづいて研究の成果をあげ、山口県小学校国語教育に大きな貢献をしている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 山口県 団体 ---
玉川学園小学部
全人教育の一環としての国語教育を重視し、幼稚園から「聞き方科」を設け、大正時代から児童語彙の研究を進め、独自の副読本を作製し、学校劇を提唱実践し、児童図書館の必要を説くなど、先進的研究をすすめた小学部長を中心に、全職員一致して熱意をもって国語教育を推進し努力を続けている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
宮崎市立宮崎小学校
昭和42年度は「作文指導」をテーマに取り上げ、昭和43年度以降は宮崎県教育委員会および宮崎市教育委員会から国語科学習指導の研究の指定をうけ、学校長を中心に全職員が研究を継続し、児童の作文力を著しく向上させた。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 宮崎県 団体 ---
石黒 修
長年にわたる国語・国語教育の研究ことに児童の言語生活国語教育のすぐれた研究業績
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
西沢正太郎
作文教育、読書指導、文学教育の新しい方法を探求すると共に、児童文学の製作にすぐれた業績をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
鳴門市大津西小学校
学校長を中心に全職員が協力一致して作文の年間指導計画とその指導法の研究にとりくみ、作文指導内容の確立と児童の作文能力の開発に努め、多大の成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
今市市立今市小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として作文指導計画作成の基本的問題を解明のため、ゆるがない研究意欲と学校長を中心とした全職員の協力一致とにより、指導目標、指導内容、指導時間、指導方法の検討等につき多大の成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 栃木県 団体 ---
吾川郡伊野町立伊野小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として「ことばに関する事項の指導法の研究(読解指導と作文指導との関連において)」解明のため、一貫した研究意欲をもって学校長を中心に全職員が協力一致して研究にあたった。なお、新指導要領の研究、児童の実態調査、授業研究等に多大の成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
財団法人聴覚障害者教育福祉協会
発足後日が浅いが、幾多の困難をおして、聴覚障害者の発生予防および早期発見・治療のための調査研究、教育と啓蒙図書、機関誌の発行等に努力し、その実績も堅実であり、わが国聴覚障害教育者と福祉の向上に貢献している。一、機閑誌「ひびき」の発行。一、教育図書の発行。両親講座、母子教室、成人講座の開設等。
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
中野 幸子
大阪市立盲学校に幼稚部創設以来、幼稚部主事として盲幼児教育の研究に尽力し、とくにわが国で未開拓であった一般幼児と視覚障害幼児との統合教育に新生面を拓き顕著な成果をおさめた。一、昭和43、44年文部省特殊教育実験学校研究主任。二、幼児の社会性指導の教育課程を作成。三、盲幼児教育実践記録フィルムの製作。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大山 陽子
小・中学校における弱視児童・生徒の能力開発に努め数々の研究成果を発表して、わが国弱視教育の発展に寄与した。とくに小・中学校における弱視学級の経営に関し、実践を通じて、弱視学級担任者の育成啓蒙に貢献した。一、文部省の実験学校報告書。一、日本弱視教育研究会誌等の発展報告。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
林 次一
聴覚障害児教育一筋に30年、聾児の言語指導法の研究に専心し、実績をあげてきた。昭和31年以来、新潟県立長岡聾学校と提携協力し、新潟大学との共同研究「聾児の特異性の研究」を推進した。この成果は、大学の教育、心理、医学の分野と学校現場の教育実践との総合研究になるものであり、わが国でも高く評価されたが、その推進のかなめとして、同氏の学校現場における采配と指導、協力があずかって大なるものがあった。また、学校における言語指導の副教科書の編集、聴能教育の改善充実等に努力し、全日本聾教育研究会副会長、全国聾学校長会副会
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
船越 満二
教育諸条件の整備について、学校教育および社会教育の研究に力を注ぎ、すぐれた業績をあげている。とくに、わが国聾学校幼稚部の学級編成のあり方等についての基礎調査研究ならびに京都府立聾学校幼稚部の教育の向上について、幼稚部主事を始めとする全職員一丸となった共同研究の体制等氏の適切なる指導管理と識見によるところ大である。京都府立聾学校幼稚部の教育は、二歳児を始めとする幼児の言語指導に異色のある研究が行なわれ、その成果が実証されつつある。とくに、言語入門期のプログラム、言語指導用スライドの作成等の研究はわが国聴覚障
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
日本点字委員会
これまで、全国的に統一のなかった日本点字の表記法の困難な研究に、長年にわたってとりくみ、点字表記の体系化と統一化を図って、盲人文化の向上に寄与した。とくに日本点字法規、日本点字表記法(現代語編)の作成は、広く教科書および点字図書の編集にも役立っており、貢献するところ多大である。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東京教育大学教育学部附属理療科教員養成施設 文部科学大臣賞
わが国の視覚障害者の伝統的な職業としての東洋医学領域における物理療法を現代医学における実験方法により新たに体系化し、リハビリテーション医療の一分野に発展させた。また治療技術の近代化を推進し、従来の経験による伝統手技をエレクトロニクスの技術を導入して科学化し、視覚障害リハビリテーションの面に新しい分野を開拓しつつある。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
社会福祉法人日本ライトハウス
わが国盲人文化の向上と教育・福祉に関する研究と普及につとめ、とくに点字教科書の改良、盲人の職業開拓、中途失明者の社会的自立に貢献している。また、アジアの盲人教育・福祉についても尽力している。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北海道聾教育研究協議会
北海道9校の聾学校により組織されている「北海道聾教育研究協議会」は、研究に当る人的組織、研究内容ともに、よくまとまっており、研究業績は卓抜している。毎年、定期の集会、会報の発行等何れも内容がすぐれていて、わが国聴覚障害教育の推進によい影響を与えている。とくに社会啓蒙の面では、札幌聾学校サッカー部は、道内中学校選抜大会に数回に互り優勝し、正常者に伍して障害者の障害克服の姿を如実に示し、社会の認識をあらたにした。一、北ろう研会報、教育課程の研究等。一、道内中学校サッカー選抜大会優勝等。
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
全沖縄風疹聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
昭和40、41年に沖縄に流行した風疹により400名近い聴覚障害児が出生し、これを救済するため、昭和43年より巡回指導教師、風疹児学級担任教師、聾学校幼稚部風疹児担当教師等により、また関係者の熱意と協力により、風疹障害児のための教育と指導が続けられ今日にいたっている。風疹児の早期幼児教育は、特殊教育の未開拓分野であるうえ、教育諸条件には困難な多くの問題があったのにもかかわらず、献身的な努力が続けられ、とくに全沖縄風疹聴覚障害児教育研究会が結成されて以来、迂余曲折を経ながらも、不断の教育研究にとりくみ、指導の
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地沖縄県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田中 久直
地域における児童の生活の実態に即したすぐれた国語教育指導法の建設に努めている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
川口 半平
長年にわたる教育の研究と実践にもとづき、すぐれた児童読みものを創作し、また作文指導を通して国語教育の発展に寄与した。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
秋月 重美
実践に基づく国語学習指導法のすぐれた新しい建設
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
桜井実枝子
児童の国語教育、とくに作文・書写指導のすぐれた研究と実践。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高木 正一
文学、読書の指導を中心として広く国語の指導法を研究し、地域の国語教育の振興に尽くした。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
江部 満
内外にわたる教育関係書の出版によって社業を助け、わが国の国語教育の理論と実践の発展に寄与した。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
桑原 三郎
児童文学、国語教育に関するすぐれた歴史的研究とその発展的実践。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
芦沢 節
長年にわたり、児童・生徒の言語能力の発達および言語習得上の問題点など、国語教育における基本的な事項について実証的な調査研究を実施してきたすぐれた業績。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東京絵本おはなし研究会
昭和32年以来雙葉小学校を中心に読み物研究会を結成し、学校図書館、国語科の中で文学教育の立場から、児童読み物の作品研究、良書選択、作品評価、資料の収集を継続してきたが、次第に私立小学校の他校、民間研究者、実践者が参加し昭和45年より東京おはなし絵本研究会と改名し幼稚園、学校、地域文庫、児童図書館に貢献するところが大きい。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
度会郡御薗村立御薗小学校
三重県指定研究校として国語科における読書指導の研究にとりくみ、学校図書館の整備と活用をはかり、学級・学校新聞の作成に成果をあげる等、学校長を中心に全職員が一致して成果をあげてきた。さらに最近では、児童の作文指導に熱意を持ち作文技能の向上に著しい成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
成蹊小学校
一、国語研究部の研究業績成蹊小学校の児童に即した国語カリキュラムの編成と学校文集の継続的編集発行による作文力の向上に努めている。二、国語研究部員の代表的著書佐藤茂「母への綴方」(時代社)、「作文指導の出発」(牧書店)ほか、清水晴男「明るい学級の建設」(米本苫店)、「生活学級の経営」(牧書店)ほか、堀内輝三「本を読む子の世界」(講談社)ほか、加藤達馬「小学学習国語辞典」共著(弘文書院)ほか、大西貢「香川の民話」(さ・え・ら書房)ほか、伊東良延「子ども放送局」共著(あかね書房)ほか、亀村五郎「日記指導」(百合
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立大町小学校
従来から地区における教育研究推進の中心校としての役割を果たしてきたが、とくに近年は全校体制の下に国語教育に関する研究主題にとりくみ、児童の作文力を高めてきた。最近では「文学における創造読みの指導」の研究に着手する等実践上の成果が著しい。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
光市立室積小学校
昭和38年度から国語力を中心とした人間形成を目指し、全校をあげて国語教育の研究にとりくんでいる。また、各年次とも「授業研究集録」を作成し、その資料の集積にもとづいて研究の成果をあげ、山口県小学校国語教育に大きな貢献をしている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
玉川学園小学部
全人教育の一環としての国語教育を重視し、幼稚園から「聞き方科」を設け、大正時代から児童語彙の研究を進め、独自の副読本を作製し、学校劇を提唱実践し、児童図書館の必要を説くなど、先進的研究をすすめた小学部長を中心に、全職員一致して熱意をもって国語教育を推進し努力を続けている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮崎市立宮崎小学校
昭和42年度は「作文指導」をテーマに取り上げ、昭和43年度以降は宮崎県教育委員会および宮崎市教育委員会から国語科学習指導の研究の指定をうけ、学校長を中心に全職員が研究を継続し、児童の作文力を著しく向上させた。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
石黒 修
長年にわたる国語・国語教育の研究ことに児童の言語生活国語教育のすぐれた研究業績
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
西沢正太郎
作文教育、読書指導、文学教育の新しい方法を探求すると共に、児童文学の製作にすぐれた業績をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鳴門市大津西小学校
学校長を中心に全職員が協力一致して作文の年間指導計画とその指導法の研究にとりくみ、作文指導内容の確立と児童の作文能力の開発に努め、多大の成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
今市市立今市小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として作文指導計画作成の基本的問題を解明のため、ゆるがない研究意欲と学校長を中心とした全職員の協力一致とにより、指導目標、指導内容、指導時間、指導方法の検討等につき多大の成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吾川郡伊野町立伊野小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として「ことばに関する事項の指導法の研究(読解指導と作文指導との関連において)」解明のため、一貫した研究意欲をもって学校長を中心に全職員が協力一致して研究にあたった。なお、新指導要領の研究、児童の実態調査、授業研究等に多大の成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
財団法人聴覚障害者教育福祉協会
発足後日が浅いが、幾多の困難をおして、聴覚障害者の発生予防および早期発見・治療のための調査研究、教育と啓蒙図書、機関誌の発行等に努力し、その実績も堅実であり、わが国聴覚障害教育者と福祉の向上に貢献している。一、機閑誌「ひびき」の発行。一、教育図書の発行。両親講座、母子教室、成人講座の開設等。
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体