博報賞

過去の受賞者|第1回(1970年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
高橋 千松
適切な指導と努力とにより視覚障害児を有能なピアノ調律士として社会に送り視覚障害者の新しい職域の開発に尽力した。なお、現在も視覚障害者の職場教育に努めている。
第1回(1970年度) 視覚障害教育部門 静岡県 個人 ---
原 幸雄
戦後最初の弱視学級主任として視覚障害教育の開拓・研究に努力しその成果を全国に普及した。
第1回(1970年度) 視覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
橋本 金一
全国にさきがけて特殊学級を設置の内山下小学校長として長年にわたり難聴学級の充実と発展とに尽力し、その成果が他への模範として全国に多大の影響を与えた。
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 個人 ---
東京都心身障害者福祉センター視覚障害科 文部科学大臣賞
盲児・弱視児の能力開発に新生面をひらきわが国視覚障害教育の推進に多くの実績をあげている。
第1回(1970年度) 視覚障害教育部門 東京都 団体 ---
東京教育大学教育学部付属聾学校 文部科学大臣賞
多年にわたり聾幼児・児童の能力開発と新教育課程の作成に努力しているとともに、両親の教育に対する熱意と協力に相まってわが国聴覚障害教育の指標としてその役割を果してきた。そのほか機関誌「聾教育」の発行を通じて全国の啓蒙をはかることに努めている。
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 団体 ---
千葉県市川市立国分小学校井上学級(学級担任 井上晧太郎)
聴覚障害児を温かく担任学級に受け入れ適切な指導により学級児童全員の理解ある聾児への友情をもたらし聾児を含め学級全体に対する立派な教育成果をあげた。
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体 ---
大橋富貴子
児童の話すことを重視しきわめて典型的な国語教育を建設している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
西尾 邦夫
演劇の理論的研究に基づき「国語教育と話しことばの創造」-劇の学習-(昭和45年成文堂)ほかの新しい指導体系を樹立して国語教育の発展に寄与している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
松井 四郎
文部省・東京都の国語教育実践学校として模範的な成果を挙げるとともにつねに正常・新鮮・重厚な実践方法を提唱し普及することに努めている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
荒木 清
「動力的国語教育」(昭和12年啓文社)以来のすぐれた国語教育に努めるとともに学会研究誌の編集委員長として編集・校訂・整理にながく奉仕的努力を続けた。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
近藤 国一
日本における国語教育の指導者としてつねにその理論と実践の開発に努めるとともに、地域秋田の話しことばの改善に対し同志とともに努力を継続している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
稲川 三郎
国語教育実践の権威者としてつねにその理論と実践の提唱・普及に努めるとともに町ぐるみの「夕読み会」「部落児童図書館」の建設など徹底した読書指導法を創設して、新しい国語教育の開発に努めている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人 ---
福井実践国語の会
教育・国語教育実践の権化ともいうべき岡島繁氏を盟主とも同志ともして会員は各々その個性を磨き国語教育の実践に真剣な努力をつづけている。また年次ごとに研究成果をおおやけにして国語教育の発展に寄与している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 福井県 団体 ---
日本音声学会 文部科学大臣賞
日本音声学会はつねに世界の学会と交流していよいよ学会の興隆につとめている。その児童に関する研究は他の領域の研究とともに国語教育の発達のためにきわめて大きな功績をあげている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
東京青年国語研究会
会員個々の悩みと課題を出発として国語教育の指導力を高め児童個々の言語生活の向上をはかるためにすぐれた指導者を求めて合同またはグループ別に実践研究に努めている。歴史的業績としてすでに「文種別読解指導」「作文指導」「聞く話すの指導」、「読書指導」(今後)の研究成果を発表している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 団体 ---
野村はつ子
広島教育大学教授松永信一氏ほかのすぐれた指導に基づき沖縄の地域児童に対して話すこと、作文の指導を同志とともに熱心に継続している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 沖縄県 個人 ---
野口 茂夫
教育の歴史をくわしくたずね現実の児童の生活に立脚して「新しい児童詩教育」(昭和45年新評論社)ほかの児童詩教育を開拓している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
平方 久直
郷土愛に培う「ふるさとの話」(二巻)(「ふるさと」(三巻)(ともに「さえら書房」)ほかによる民話、郷土の生活を描いた美しい児導読み物の製作につとめている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
箱田 浩
共同し奉仕する人間性を高める立場から自ら範を示して児童の話すこと。作文の表現指導を行なってすぐれた成績をあげている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
杉山 穣
教育・国語教育の確固たる研究と信念に基づき外国から帰って国語の不自由な児童に対して国語教育・一般教科教育を施して優秀な成績をおさめている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
原 文
児童の個性と社会性を開発して作文・詩の表現能力を高め人間性の育成にすぐれた成績をあげている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
実践作文の会
昭和34年以来現場の青年教師を主軸としすぐれた指導者・助言者を求めて熱心に作文の実地授業の研究を継続し指導の事前・事中・事後に通ずる生きた作文指導体系の樹立に努めている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
高橋 千松
適切な指導と努力とにより視覚障害児を有能なピアノ調律士として社会に送り視覚障害者の新しい職域の開発に尽力した。なお、現在も視覚障害者の職場教育に努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門視覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
原 幸雄
戦後最初の弱視学級主任として視覚障害教育の開拓・研究に努力しその成果を全国に普及した。
受賞年度第1回(1970年度)
部門視覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
橋本 金一
全国にさきがけて特殊学級を設置の内山下小学校長として長年にわたり難聴学級の充実と発展とに尽力し、その成果が他への模範として全国に多大の影響を与えた。
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東京都心身障害者福祉センター視覚障害科 文部科学大臣賞
盲児・弱視児の能力開発に新生面をひらきわが国視覚障害教育の推進に多くの実績をあげている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東京教育大学教育学部付属聾学校 文部科学大臣賞
多年にわたり聾幼児・児童の能力開発と新教育課程の作成に努力しているとともに、両親の教育に対する熱意と協力に相まってわが国聴覚障害教育の指標としてその役割を果してきた。そのほか機関誌「聾教育」の発行を通じて全国の啓蒙をはかることに努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
千葉県市川市立国分小学校井上学級(学級担任 井上晧太郎)
聴覚障害児を温かく担任学級に受け入れ適切な指導により学級児童全員の理解ある聾児への友情をもたらし聾児を含め学級全体に対する立派な教育成果をあげた。
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大橋富貴子
児童の話すことを重視しきわめて典型的な国語教育を建設している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
西尾 邦夫
演劇の理論的研究に基づき「国語教育と話しことばの創造」-劇の学習-(昭和45年成文堂)ほかの新しい指導体系を樹立して国語教育の発展に寄与している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松井 四郎
文部省・東京都の国語教育実践学校として模範的な成果を挙げるとともにつねに正常・新鮮・重厚な実践方法を提唱し普及することに努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
荒木 清
「動力的国語教育」(昭和12年啓文社)以来のすぐれた国語教育に努めるとともに学会研究誌の編集委員長として編集・校訂・整理にながく奉仕的努力を続けた。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
近藤 国一
日本における国語教育の指導者としてつねにその理論と実践の開発に努めるとともに、地域秋田の話しことばの改善に対し同志とともに努力を継続している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
稲川 三郎
国語教育実践の権威者としてつねにその理論と実践の提唱・普及に努めるとともに町ぐるみの「夕読み会」「部落児童図書館」の建設など徹底した読書指導法を創設して、新しい国語教育の開発に努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福井実践国語の会
教育・国語教育実践の権化ともいうべき岡島繁氏を盟主とも同志ともして会員は各々その個性を磨き国語教育の実践に真剣な努力をつづけている。また年次ごとに研究成果をおおやけにして国語教育の発展に寄与している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
日本音声学会 文部科学大臣賞
日本音声学会はつねに世界の学会と交流していよいよ学会の興隆につとめている。その児童に関する研究は他の領域の研究とともに国語教育の発達のためにきわめて大きな功績をあげている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東京青年国語研究会
会員個々の悩みと課題を出発として国語教育の指導力を高め児童個々の言語生活の向上をはかるためにすぐれた指導者を求めて合同またはグループ別に実践研究に努めている。歴史的業績としてすでに「文種別読解指導」「作文指導」「聞く話すの指導」、「読書指導」(今後)の研究成果を発表している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
野村はつ子
広島教育大学教授松永信一氏ほかのすぐれた指導に基づき沖縄の地域児童に対して話すこと、作文の指導を同志とともに熱心に継続している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地沖縄県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
野口 茂夫
教育の歴史をくわしくたずね現実の児童の生活に立脚して「新しい児童詩教育」(昭和45年新評論社)ほかの児童詩教育を開拓している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
平方 久直
郷土愛に培う「ふるさとの話」(二巻)(「ふるさと」(三巻)(ともに「さえら書房」)ほかによる民話、郷土の生活を描いた美しい児導読み物の製作につとめている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
箱田 浩
共同し奉仕する人間性を高める立場から自ら範を示して児童の話すこと。作文の表現指導を行なってすぐれた成績をあげている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
杉山 穣
教育・国語教育の確固たる研究と信念に基づき外国から帰って国語の不自由な児童に対して国語教育・一般教科教育を施して優秀な成績をおさめている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
原 文
児童の個性と社会性を開発して作文・詩の表現能力を高め人間性の育成にすぐれた成績をあげている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
実践作文の会
昭和34年以来現場の青年教師を主軸としすぐれた指導者・助言者を求めて熱心に作文の実地授業の研究を継続し指導の事前・事中・事後に通ずる生きた作文指導体系の樹立に努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体