メニューボタン
  1. HOME
  2. こども研究所とは?

こども研究所とは?

こども研究所とは?

子どもの姿をありのままに見る。声をまるごと聴く。

子どもは「未来のたまご」です。
私たち大人は、そのたまごたちの姿を
ありのままに見ているでしょうか。
彼らの声をほんとうに聴いているでしょうか。
常識や思い込みといった「大人のフィルター」を
通していては、子どもたちのもつ無限の可能性に
なかなか気づけません。

私たちは、未来をつくる子どもたちと真摯に向き合う
ことで、今を生きる子どもたちの本質に迫り、
未来に向けてコツコツと殻を破ろうとする音に気づき、
子どもたち、一人ひとりの可能性を探求してまいります。

未来のたまごの声を聴く。
私たちは、博報財団こども研究所です。

博報財団こども研究所の活動について

why?
なぜ、子どもの声を聴くのか?

未来の社会を生きるのは、子どもたち。
未来の社会を築いていくのも、子どもたち。
子どもを知ることは、未来を考えること。
ひとりひとりの子どもが豊かに暮らす未来の社会を創るために。
わたしたちは子どもがなにを感じ、どんなことを考えているのかをとことん把握します。
⇒博報財団こども研究所の真のゴールは、「未来創造支援」にあります。

how?
どうやって、子どもの声を聴くのか?

①Hearの耳
聞こえてくること、飛び込んでくることを感受する。
子どもの世界に入り、子どものまるごとを体験する定性調査。
②Listenの耳
意図をもって、狙いをもって、傾聴する。
子どもの心を構造的に分析する定量調査。
⇒博報財団こども研究所は、2つの耳で子どもの声を聴いていきます。

for what?
子どもの声を何に活かすのか?

子どもたちがどんな体験をしているのか。
なにを感じているのか。どんなことを考えているのか。
子どもたちのありのままの姿を、子どもたちの本当の声を、
そのままの形で子どもたちと関わるさまざまな人たちと共有していきます。
このことを通して、子どもたちの持つたくさんの可能性が
十二分に発揮される社会づくりに貢献します。
⇒博報財団こども研究所は、「子どもの声を、社会の財産に」する活動体です。

こども研究所 所長挨拶

子どもの姿をありのままに見る。子どもの声をまるごと聴く。博報財団こども研究所は、とことんこれにこだわります。

今を生きる子どもたちは、主体的に、さまざまな経験を通して、自ら感じ、考え、行動しています。
その姿を既成の「大人フィルター」を通していては、けして適格にとらえることができません。
私たち博報財団こども研究所では、子どもたちのありのままの姿をとらえ、その声に真摯に向き合うことで、リアルな等身大の子どもの本質に迫ってまいります。

20年後、30年後の社会は、急速なグローバル化に加え、同時多発的に進化する複雑で高度の技術の進化のもと、子どもたちをとりまく環境は、今とは全く違うものになることが予想されています。
しかし、社会がどのように変化しても、子どもたち一人ひとりが、自らの豊かな感受性や創造力を思いっきり発揮して、生き生きと輝いていてほしい。
そんな子どもたちの未来創造に貢献するために、博報財団こども研究所は、 子どもたち一人ひとりの可能性を一つでも多く発見し、子どもにかかわる多くの皆さまと共有してまいります。

博報財団こども研究所 所長 八木祥和

所長挨拶

研究員紹介

八木 祥和

所長

八木 祥和

1989年情報通信企業入社。1996年博報堂に入社。マーケティングプラナーとして得意先企業の市場調査や商品開発、コミュニケーションに関わる業務に従事。以降、博報堂のナレッジマネジメントの再構築の推進や、ショッパー・リテール領域を専門とするマーケティング部門の責任者などを経て、2017年4月「博報財団こども研究所」立ち上げに伴い所長に就任。東洋大学非常勤講師(2016年~)、ビジネスモデル学会プリンシパル(2016年~)。

杉山 泰啓

上席研究員

杉山 泰啓

1999年博報堂入社。営業職、マーケティング職として、多様なリサーチ・データ分析を行い、マーケティング戦略の策定を行ってきた。家庭では二人の男の子を育てる父親であり、二男の誕生後に半年間の育児休業を取得。その体験を通じて、子どもを育てること・成長させることを強く自分ごと化し、マーケティングアプローチでの「こどもの研究実践」に日夜励んでいる。

福嶋 由美

上席研究員

福嶋 由美

広告会社、ITベンチャーを経て、2002年博報堂入社。マーケティング職として、幅広い企業・団体の マーケティング、コミュニケーション、ブランディング、商品開発等に携わる。近年は健康・医療、地域振興 などの社会課題とマーケティングを結ぶ取り組みをテーマに活動してきた。2019年よりこども研究所に 参加。教育という新たなテーマに出会い、子どものリアルを探求する日々を送っている。

浅野 茉莉

主任研究員

浅野 茉莉

ロンドン大学教育研究所、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)、同志社大学、国際連合世界食糧計画(WFP)を経て、当研究所へ。持続可能な開発目標(SDG4)の達成に向けてASEAN地域の教育政策、SDGs推進のための民間連携や途上国の学校給食プログラム等に携わる。また、国内では教育の理論研究や実践の場も経験。教育的価値論や教育におけるレジリアンスの重要性について研究。教育学修士、教育開発学修士、教員免許(中学校・高等学校英語I種、II種)、専修免許(高等学校公民)取得。

和波 弘樹

研究員

和波 弘樹

1985年博報堂入社。幅広い業種のマーケティング企画、リサーチ業務に携わる。2003年から博報堂生活総合研究所で生活者研究及び未来研究を行う。2009年より2017年まで雑誌『広告』編集に関わる。2005年以降、博報堂の人材開発機関「博報堂大学」で構想力開発プログラムに携わる。2018年から当研究所に参加。

手塚 豊

客員研究員

手塚 豊

1985年博報堂入社。マーケティング職として多種多様なクライアントのマーケティング・コミュニケーション・ブランディング・商品開発等に携わる。2008年より研究開発局主席研究員として、生活者研究・社会研究・コミュニケーション研究等に携わる。2018年よりフリーランスとなり当研究所客員研究員に就任。著書に「気づく仕事」(集英社)、論文に「若者論再考」(マーケティングジャーナル124)等。

PAGE TOP