本文へスキップします。

沿革

沿革

1895年~ 博報堂創業
教育雑誌「教育新聞」「学之友」など刊行
東京帝国大学法学部へ「明治新聞雑誌文庫」を設立・寄贈
1970年 7月
    11月
博報堂創立75周年を記念して文部省認可の財団法人 博報児童教育振興会を設立
第1回「博報賞」贈呈
「国語教育部門」「視覚障害教育部門」「聴覚障害教育部門」の3部門で開始
2004年 2月 第1回「博報教育フォーラム」開催
2005年 9月 「博報『ことばと文化・教育』研究助成」事業開始(現:児童教育実践についての研究助成)
2006年 2月 「日本語海外研究者招聘事業」開始(現:国際日本研究フェローシップ)
2007年 3月 「世界のこども日本語ネットワーク推進」開始
2011年 4月 公益財団法人 博報児童教育振興会としてスタート
2016年 6月 「調査研究」事業開始

博報財団とは

建物全景

当財団は、株式会社博報堂が教育雑誌の広告取次業として1895年に創業以来、次代を担う児童の育成を重視して教育・文化面において行ってきた数々の後援事業の精神を引き継ぎ、1970年に財団法人博報児童教育振興会として設立されました。以来、次代を担う子どもたちの「豊かな人間性育成」の支援を目的に活動を続けています。
新公益法人制度の施行に伴い、公益財団法人として認定され、2011年4月、博報財団(正式名称:公益財団法人 博報児童教育振興会)としてスタートしました。(基本財産912億円/2015年度)

株式会社 博報堂

明治28年(1895年)の創業、日本広告業界の黎明期から活動を続ける総合広告会社。
売上高約8,753億円(2015年度)で国内第2位。2003年に大広・読売広告社と経営統合し、持ち株会社博報堂DYホールディングスを設立。博報堂DYホールディングスとしては売上総利益で世界第10位※。
※2015年アドエージ世界エージェンシーランキングより

  • 研究助成専用ページ
  • メールマガジン配信中
  • facebook
  • twitter

ページトップへ