本文へスキップします。

第9回招聘研究者一覧

第9回招聘研究者一覧(姓 50音順)

第9回「国際日本研究フェローシップ」では、11ヶ国より、日本語・日本語教育研究分野10人、日本文学・日本文化研究分野3人の合計13人の研究者を招聘しました。

*成果報告書(PDF):招聘期間終了後の帰国1ヶ月以内の報告(研究概要のみ)

研究分野:日本語・日本語教育研究(10人)

招聘研究者 VEINBERG Nadezda Mikhailovna(ウェインベルグ ナデジダ ミハイロブナ)
<ロシア> イルクーツク国立言語大学 准教授
研究タイトル ビジネス日本語における敬語とロシア語の敬意表現対照分析:成功したビジネスコミュニケーションの確立と維持するための実践的な推奨
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 東京外国語大学
招聘研究者 大野 剛(オオノ ツヨシ)
<カナダ> アルバータ大学 准教授
研究タイトル 日常会話における定型表現の体系的研究
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 国立国語研究所
招聘研究者 KOLUKISA Ali Aycan(コルクサ アリ アイジャン)
<トルコ> ネヴシェヒル・ハジュ・ベクタシュ・ヴェリ大学 文理学部・極東言語文学科・日本語日本文学コース 助教授(兼務:極東言語文学科長代理)
研究タイトル レキシコグラフィの言語学的研究
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 早稲田大学(日本語教育研究科)
招聘研究者 SATHAYE Ashwini Mukund(サテー アシュウィニー ムクンド)
<インド> プネ印日協会 上級日本語教師
研究タイトル プネ印日協会におけるインド人向けのビジネス逐次通訳養成コースのリソース開発のための基礎研究
招聘期間 2015年3月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 早稲田大学(日本語教育研究科)
招聘研究者 トムソン 千尋 木下(トムソン チヒロ キノシタ)
<オーストラリア>  ニューサウスウェールズ大学 教授
研究タイトル 日本語教育の連続性:オーストラリアの教育現場から日本の職場へ
招聘期間 2014年10月4日 ~ 2015年2月22日
受入機関 お茶の水女子大学
招聘研究者 豊田 悦子(トヨダ エツコ)
<オーストラリア> メルボルン大学 アジア研究所 上級講師
研究タイトル 効率的な日本語語彙習得を支援する単語、漢字、構成要素の情報満載データベースの開発
招聘期間 2015年3月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 東京外国語大学
招聘研究者 仁科 陽江(ニシナ ヨウコ)
<ドイツ> ボン大学 人文社会系アジア研究科 日本韓国研究専攻 代教授
研究タイトル 海外における日本語学研究:理論と応用のための教科書作成
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 京都大学
招聘研究者 FRENT Rodica Monica(フレンツ ロデイカ モニカ)
<ルーマニア> バベシュ・ボヤイ大学 文学部 東洋学科 学科長
研究タイトル 日本語・ルーマニア語における慣用語句の持つ文化的な意味の比較・対照研究
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年2月28日
受入機関 早稲田大学(日本語教育研究科)
招聘研究者 MEYER Stanislaw Jan(マイヤー スタニスワフ ヤン)
<ポーランド> ヤギェロン大学 言語学部東洋学校 日本語中国語学科 助教
研究タイトル 漢字ジゴク:ポーランド人の日本語学生向けの多機能のEラーニング・プラットフォーム
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 東京外国語大学
招聘研究者 尹 鎬淑(ユン ホスク)
<韓国> サイバー韓国外国語大学校 日本語学部 教授
研究タイトル e-learning 教育における日本語の習得研究
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 国立国語研究所

研究分野:日本文学・日本文化研究(3人)

招聘研究者 STRIPPOLI Roberta(ストリッポリ ロベルタ)
<アメリカ> ニューヨーク州立大学 ビンガムトン校 助教授
研究タイトル 日本文学・演劇・ヴィジュアルアート・文化遺産に於ける祗王伝説
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 早稲田大学(文学研究科)
招聘研究者 BRU TURULL Ricard(ブル・トゥルイ リカル)
<スペイン> 
・バルセロナ市庁 文化部 市立世界文化博物術館 総合内容コーディネーター
・バルセロナ大学 美術史と現代デザイン(モデルニスム)研究室員
・カタルーニャ工科大学 モデルニスム講演会 専任講師
研究タイトル 20世紀の日本とスペインの芸術関係について
招聘期間 2015年3月1日 ~ 2015年8月31日
受入機関 国際日本文化研究 センター
招聘研究者 HORIUCHI Annick Mito (ホリウチ アニック ミト)
<フランス>
・パリ・ディドロ(第七)大学 東アジア言語・文化学部 教授
・フランス国立科学研究所(CNRS)内 東アジア文化研究センター 所長
研究タイトル 西洋の世界地理学・歴史学が近世後期日本の政治・思想に及ぼした影響
招聘期間 2014年9月1日 ~ 2015年2月28日
受入機関 早稲田大学 (文学研究科)
※招聘研究者の所属・役職は、招聘決定時のものです。

本事業に関するお問い合わせ

国際日本研究フェローシップ事務局
TEL. 03-6435-8140 / FAX. 03-6435-8790
E-mail. ip-office@hakuhofoundation-ip.jp

「日本語海外研究者招聘事業」は、第9回から「国際日本研究フェローシップ」に名称等を変更いたしました。
  • 研究助成専用ページ
  • メールマガジン配信中
  • facebook
  • twitter

ページトップへ