本文へスキップします。

第13回

第13回 博報教育フォーラム

テーマ:「子どもの心が動くとき、大人や地域が変わっていく。」

これからの社会を生き抜く力を育む教育実践は、時として周囲の大人たちを巻き込み、地域そのものも変化させます。
子どもには、大人の想像を超えた力が備わっていると確信しています。
どのような相手とも自然に垣根を越え関わりあう。その様子を見ている大人や社会が何かに気づき変わっていく。
子どもに共生の心が生まれたとき、その力は地域の未来をつくる原動力になりえます。
そのような教育のあり方について、ご参加の皆様とご一緒に考えました。

開催概要

日時 2016年2月13日(土)12:30~18:30
会場 日本工業倶楽部 東京都千代田区丸の内1-4-6

事例発表

吉田英生 津山市立北小学校 副校長・津山市特別支援教育推進センター 所長

「子どもが育つ特別支援教育~子どもにことばが届くとき~」

【第46回博報賞 特別支援教育部門 受賞】
岡山県
吉田英生 津山市立北小学校 副校長・津山市特別支援教育推進センター 所長

池田裕之 教務主任

「『つばさっ子ボランティア』と協働した、ふるさとを愛する子どもの育成」

【第46回博報賞 教育活性化部門 受賞】
新潟県 胎内市立中条小学校
池田裕之 教務主任

保科一生 研究主任

「子どもと仕事・地域・未来をつなぐ『子どもハローワーク』」

【第46回博報賞 教育活性化部門 受賞】
秋田県 大館市教育研究所
山本多鶴子 所長

基調講演

第13回博報教育フォーラム基調講演1
「子どもの貧困は超えられるか?~学力格差は経済格差を反映するか~」
内田伸子 お茶の水女子大学 名誉教授

パネルディスカッション・グループディスカッション

パネルディスカッション・グループディスカッション
コーディネーター
嶋野 道弘 文教大学 教育学部教授
パネリスト
内田 伸子 お茶の水女子大学 名誉教授
吉田 英生 津山市特別支援教育推進センター所長(津山市立北小学校副校長)
小野 真 胎内市立中条小学校 校長
高橋 善之 大館市教育委員会 教育長

最新の博報教育フォーラムレポート

第13回博報教育フォーラムレポート

第13回博報教育フォーラムレポート

テーマ:「子どもの心が動くとき、大人や地域が変わっていく。」
博報教育フォーラムで取り上げたテーマを、実践現場であらためて考え、活用していただくためにまとめたレポートです。
フォーラム当日の各プログラムをわかりやすく凝縮してお伝えします。

ご希望の方は資料請求フォームよりお申込み下さい

  • 研究助成専用ページ
  • メールマガジン配信中

ページトップへ