本文へスキップします。

第1回

第1回 博報教育フォーラム

テーマ:特色ある学校づくりをめざす教育活動

「特色ある学校づくりをめざす教育活動」をテーマに基調講演、3校の、パソコンやビデオ映像を駆使した受賞者活動発表、パネルディスカッション、会場を移しての交流・展示・個別質問コーナーまで盛会に進行。佐賀、長崎、福井、秋田など全国各地から、学校の先生はもちろん、教育委員会や学生、企業経営者まで幅広い参加者約100名が集まりました。

開催概要

日時 2004年2月21日(土)
会場 如水会館

基調講演

第1回博報教育フォーラムイメージ

「地域と学校を結ぶ総合的教育活動」 日本体育大学教授 中野重人

  • なぜ、「特色ある学校づくり」が必要なのか
  • 「特色ある学校づくり」とは何か
  • キーポイント1は「地域」
  • キーポイント2は「体験」
  • いろいろな特色の出し方
  • 忘れてはいけない子どもが自ら学ぶ視点
  • 「学力問題」と「特色ある学校づくり」
  • 「学力」とは何か
  • 「地域と結ぶ教育活動」の意味
  • 21世紀の学校教育と新しい試み

事例発表

CASE 1

「地域と一体になった薬草福祉活動と体験野山学習」

岐阜県 本巣町立外山小学校

CASE 2

「里山再生計画』を核とする特色ある学校づくり」

愛知県 岡崎市立秦梨小学校

CASE 3

「地域に誇りを持ち、いきいきと表現できる子供の育成」

福岡県 築城町立寒田小学校

パネルディスカッション

パネルディスカッション

「地域との一体化をはかった特色ある学校づくり」

コーディネーター
井上一郎 文部科学省初等中等教育局教科調査官
パネリスト
中野重人 日本体育大学教授
桐山綾子 外山小学校 校長
神尾心一 秦梨小学校 校長
浦本陽子 寒田小学校 校長
  • 研究助成専用ページ
  • メールマガジン配信中

ページトップへ