本文へスキップします。

第4回

第4回 博報教育フォーラム

テーマ:今、求められる「かかわりあい力」とは

開催概要

日時 2007年2月17日(土) 13:00~17:00
会場 日本工業倶楽部 東京都千代田区丸の内1-4-6 TEL 03-3281-1711

基調講演

第4回博報教育フォーラムイメージ

「今、求められる『かかわりあい力』とは」

岐阜大学教育学部教授 北 俊夫
岐阜大学教授の北先生より、「かかわりあい力」について、下記の5つの視点に沿って、まとめていただきました。

  1. なぜ、今「かかわりあい力」なのか
  2. 何と「かかわりあう力」なのか
  3. 「かかわりあい力」とは何か
  4. 「かかわりあい力」を育てる指導の方策
  5. 「かかわりあい力」の評価をどうするか

「かかわりあう力」は、地域や社会で生きていくために必要な「生きる力」を形成する重要な能力であること、また、一方的な「かかわり」ではなく、人や、事象と双方向に「かかわりあう」ことが重要であるという新しい切り口での提言がありました。

事例発表

地域の授業協力者とともに、かかわりあいの基本となる「心の教育」を実践している例、国語科を中心にICTを活用して、双方向のコミュニケーション能力育成を図っている例、共同生活での暮らしにかかわる全てのことを、子どもたちの手で創っているNPO法人の例を紹介しています。

CASE 1

「『心の教育』による他とのかかわりあいで自分を見つめる子どもの育成」

新潟県 上越市立大潟町小学校
研究主任 藤本千佳子

CASE 2

「かかわりあいの基本、コミュニケーション能力の育成」

京都府 京都市立藤城小学校
教務主任 寺田潤子

CASE 3

「総合的、立体的なかかわりあいを体験する共同生活」

NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
暮らしの学校代表・会長理事 梶さち子

パネルディスカッション

「かかわりあい力」をつけると、子どもや周りの大人はどう変化していくのか、またかかわりあい力育成の成果をどう評価するかなど、活発な議論が行われ、会場の学校関係者、地域の方、学生の皆さんから「かかわりあい力」に関する生きたキーワードがたくさん生まれました。

パネルディスカッション
コーディネーター
嶋野 道弘 文教大学・同大学院 教授
パネリスト
北 俊夫 岐阜大学 教授
藤本 千佳子 新潟県 上越市立大潟町小学校 研究主任
寺田 潤子 京都府 京都市立藤城小学校 教務主任
辻 英之 長野県 NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター 専務理事・事務局長
  • 研究助成専用ページ
  • メールマガジン配信中

ページトップへ