本文へスキップします。

博報財団 博報財団

博報賞

博報賞とは

児童・生徒の「豊かな人間性育成」には、子どもたちと日々直接向き合う教育実践者の役割が非常に大きいと考えています。
博報賞は、児童・生徒に対する日常の教育現場で尽力されている、学校・団体・教育実践者を顕彰することを通して、児童教育の現場を活性化させ、支援することを目的としています。
スタートから40年以上の歴史を持ち、対象部門も拡大、すぐれた教育実践の輪を広げています。

対象部門と各部門の活動範囲

国語・日本語教育部門

  • 考える力、感じる力、想像する力、理解する力、表す力、伝える力の育成を目指す教育
  • あらゆる学びの場におけることば教育

特別支援教育部門

  • インクルーシブ教育の理念に則った教育的支援活動
    (視覚障害、聴覚障害、言語障害、肢体不自由、身体虚弱、知的障害、情緒障害、LD、AD/HD、自閉症等)

日本文化理解教育部門

  • 伝統文化、現代文化、生活文化、地域文化などに関する学習、継承を通して、日本の文化を大切にする心を育み、日本人としての自己の確立を目指す教育

国際文化理解教育部門

  • 外国語活動、国際交流などを通し、諸外国の歴史や文化を理解し、地球的視野に立って行動できる主体性を身につける教育
  • 外国籍児童・生徒に対する学校・家庭・地域における支援活動

教育活性化部門

  • 上記以外の分野で、新しい教育テーマ等の開発や独創的な学校・授業改革
  • 学校・地域・保護者などの連帯による、また学校以外での学びの場づくりなど、人間力を育てる実践活動

賞の内容

博報賞

  • 5部門で20件前後
  • 正賞 賞状
  • 副賞 100万円

※博報教育特別賞:「博報賞」5部門とは別に、広く教育的見地から功績著しい候補がある場合に贈呈します。

審査委員

  • 押谷 由夫昭和女子大学大学院 教授
  • 鹿毛 雅治慶應義塾大学 教授
  • 田村  学文部科学省 視学官
  • 柘植 雅義筑波大学 教授
  • 寺井 正憲千葉大学 教授
  • 成田 信子國學院大學 教授
  • 森山 卓郎早稲田大学 教授
  • 結城  恵群馬大学 教授
  • 吉谷 武志東京学芸大学 教授
  • 四日市 章筑波大学 名誉教授 ※

(50音順) ※…審査委員長

応募について

応募資格

5部門における小・中学生を中心とする児童・生徒を対象とした教育実践者・団体を対象とします。
※教育委員会など教育関係の第三者による推薦が必要です。

応募方法

  • 応募書類をダウンロード(取り寄せを希望される場合、資料請求フォームより請求)
  • 推薦書へ記入(推薦者)
  • 審査資料の準備(推薦対象者)
  • 推薦代表者の捺印 ※推薦者捺印等に時間がかかる可能性がありますので、お早めにご準備ください。
  • 推薦書・審査資料の郵送

詳しくは推薦要項をご確認ください

応募書類ダウンロード

第47回推薦受付終了

  • 研究助成専用ページ
  • メールマガジン配信中

ページトップへ